TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2009年09月)

環境情報メールマガジン(2009年09月)

09月29日
「環境・気候変動問題」をテーマに「グローバルフェスタJAPAN2009」開催へ/外務省
09月28日
塗装作業でのVOC排出抑制に向けた自主的取組推進セミナーを開催へ/環境省
09月25日
「都市緑化月間」関連イベントの内容を公表/国土交通省
09月24日
第4回 3R推進関東大会inちば 開催へ/環境省
09月18日
「プラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷の削減効果」を公表
09月16日
平成21年度「10月3R推進月間」の主要行事を発表/環境省
09月15日
平成20年度の環境配慮契約について公表/財務省
09月14日
埼玉県飯能市が「エコツーリズム推進法に基づく全体構想」の第1号に認定/環境省
09月08日
「環境研究・環境技術開発の推進戦略の実施方針の総括フォローアップ結果」を公表/環境省
09月07日
環境教育リーダー研修基礎講座を開催/環境省
09月04日
「ようこそ!農村」プロジェクト、観光庁連携して推進/農林水産省
09月03日
総合資源エネルギー調査会「新エネルギー部会中間報告」を公表/資源エネルギー庁
09月02日
オゾン層保護対策推進月間(9月)平成21年の取組みを公表/環境省
09月01日
太陽光発電の新たな買取制度11月1日から開始/資源エネルギー庁
08月31日
平成21年度「次世代産業創出人材育成・雇用拠点事業」採択者決定/経済産業省
08月28日
「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」フォローアップ報告書を公表/経済産業省
08月27日
パンフレット「温暖化から日本を守る 適応への挑戦」を作成/環境省
08月25日
温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業の公募開始/環境省

2009年09月29日

「環境・気候変動問題」をテーマに「グローバルフェスタJAPAN2009」開催へ/外務省

外務省は10月3日、4日日、東京の日比谷公園で「グローバルフェスタJAPAN2009」を開催します。今回は統一テーマを「環境・気候変動問題〜地球と世界の今を、楽しみながら知る2日間〜」として、国際協力への関心が比較的薄い層、特に、20代、30代の若い世代にも目を向けてもらうことを目指しており、10月3日には、女優の岸本加世子さん他が出演するパネルディスカッション「環境・気候変動問題について語ろう!〜ひとりひとりがストップ温暖化」などが予定されています。

このページのトップへ

2009年09月28日

塗装作業でのVOC排出抑制に向けた自主的取組推進セミナーを開催へ/環境省

環境省九州地方環境事務所は、九州経済産業局、福岡県、佐賀県(鳥栖会場)、北九州市(北九州会場)との共催により「VOC排出抑制自主的取組普及セミナー(北九州及び鳥栖会場)」を、開催します。大気汚染の原因物質の1つであるVOCについては、「改正・大気汚染防止法」の中に、規制と事業者の自主的取組みを組合せ、効果的排出抑制を行うとの方針が盛り込まれています。

このページのトップへ

2009年09月25日

「都市緑化月間」関連イベントの内容を公表/国土交通省

国土交通省は、10月の「都市緑化月間」中に開催するイベントの概要を公表しました。本年度の「都市緑化月間」のイベントとしては「平成21年度都市緑化キャンペーン」(東京・数寄屋橋公園 10月9日)、「ひろげよう 育てよう みどりの都市」全国大会(東京・日比谷公会堂 10月30日)、国営公園の無料開放などをはじめ、全国各地で都市緑化の普及、啓発のための行事を実施する予定です。

このページのトップへ

2009年09月24日

第4回 3R推進関東大会inちば 開催へ/環境省

環境省、関東地方環境事務所は、「第4回3R推進関東大会 in ちば」を10月16日から18日まで千葉市の千葉ポートアリーナにおいて開催します。童謡ジャグバンド「少年山賊団」ライブ、環境戦隊ステレンジャーショー「環境エクササイズ編」、体験コーナー 、パネル展示コーナーなどのイベントが予定されています。

このページのトップへ

2009年09月18日

「プラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷の削減効果」を公表

環境省は、容器包装リサイクル法に基づくプラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷削減効果のLCA分析を昨年に引き続いて実施し、その結果を公表しました。現行の容器包装リサイクル制度の効果については、昨年の分析でも検討した分別せずに現行技術で焼却した場合との比較のみならず、全量高効率のごみ発電施設で焼却発電を行う場合と比べてもなお、容器包装リサイクルを行った方がCO2排出量が少ないことなどが明らかとなりました。

このページのトップへ

2009年09月16日

平成21年度「10月3R推進月間」の主要行事を発表/環境省

環境省は9月14日、10月の「リデュース・リユース・リサイクル推進月間(3R推進月間)」の、様々な取組内容を公表しました。第4回3R推進全国大会、3R推進地方大会、環境にやさしい買い物キャンペーンなどが予定されています。

このページのトップへ

2009年09月15日

平成20年度の環境配慮契約について公表/財務省

財務省は、平成20年度における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約(環境配慮契約)の締結実績の概要について公表しました。国および独立行政法人等では、環境配慮契約法及び「国及び独立行政法人等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する基本方針」に基づいて、可能なものから環境配慮契約を締結することが定められています。電気の調達における環境配慮契約の件数は、201件、電力量は、229,400,940kWh、自動車購入における環境配慮契約締結台数は307台でした。

このページのトップへ

2009年09月14日

埼玉県飯能市が「エコツーリズム推進法に基づく全体構想」の第1号に認定/環境省

埼玉県飯能市はエコツーリズム推進法に基づく全体構想の第1号に認定されました。同市はエコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズム推進全体構想の認定に係る申請書を主務大臣に提出し、基準に適合すると認められ、今回、認定団体第1号となりました。

このページのトップへ

2009年09月08日

「環境研究・環境技術開発の推進戦略の実施方針の総括フォローアップ結果」を公表/環境省

環境省は、「環境研究・環境技術開発の推進戦略の実施方針の総括フォローアップ結果」を公表しました。この実施方針は、毎年、中央環境審議会総合政策部会環境研究・技術開発推進戦略専門委員会において、その取組状況のフォローアップが行われており、本年度は、新しい推進戦略の検討に向け、実施方針に係る平成18年4月から平成21年7月までの状況について総括フォローアップを行ない、「環境に係る国内外の社会的状況」、「重要課題の実施状況及び成果」、「横断的事項の実施状況」などが公表されました。

このページのトップへ

2009年09月07日

環境教育リーダー研修基礎講座を開催/環境省

環境省、東北地方環境事務所は、平成21年度環境教育リーダー研修基礎講座 「自然・人 間・地球」の未来につなげよう!〜」を平成21年10月28日〜30日まで、青森県上北郡東北町の公立小川原湖青年の家において開催します。この講座は、東北6県に在住・在勤・在学で、学校教職員や市民でこれから環境教育・環境学習に取組もうと考えている人が対象です。

このページのトップへ

2009年09月04日

「ようこそ!農村」プロジェクト、観光庁連携して推進/農林水産省

農林水産省は、観光庁との連携により、観光関係者と農村地域が連携したグリーン・ツーリズム「ようこそ!農村」プロジェクトを展開します。観光関係者と農村地域との連携によるグリーン・ツーリズムの推進に向けたプラットフォームの構築、観光圏を中心とした地域のグリーン・ツーリズム等の取組への支援及び国際グリーン・ツーリズムの推進に向けた支援等を展開する予定です。

このページのトップへ

2009年09月03日

総合資源エネルギー調査会「新エネルギー部会中間報告」を公表/資源エネルギー庁

経済産業省、資源エネルギー庁は、総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会において取りまとめられた、今後の新エネルギー政策の在り方に関する「新エネルギー部会中間報告」を公表しました。新エネルギーの導入拡大には、エネルギー・環境政策上の意義に加え、産業政策上の意義もあるとして、太陽光発電については、「2020年頃に現状の約20倍」という目標を達成するため、新たな買取制度の早期実施等が必要としています。

このページのトップへ

2009年09月02日

オゾン層保護対策推進月間(9月)平成21年の取組みを公表/環境省

環境省は、平成21年のオゾン層保護対策推進月間(9月1日〜30日)での、取組み内容を発表しました。フロンは、有害な紫外線を吸収するオゾン層の破壊や地球温暖化を促進することから、その対策はオゾン層保護のみならず地球温暖化防止のためにも大変重要であり、月間においては、その理解の浸透に努めていきます。環境省は、日刊工業新聞社主催の「第12回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」を後援し、フロン等対策を通じ、オゾン層の保護や地球温暖化防止に大きく寄与した技術・事業者などに、環境大臣賞を贈賞する予定です。

このページのトップへ

2009年09月01日

太陽光発電の新たな買取制度11月1日から開始/資源エネルギー庁

経済産業省、資源エネルギー庁は、「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」に基づき、「太陽光発電の新たな買取制度」を11月1日から開始します。この制度は、太陽光発電からの余剰電力を一定の価格で買い取ることを電気事業者に義務付けるもで、買取価格は、住宅用は48円/kWh、非住宅用は24円/kWhとなります。

このページのトップへ

2009年08月31日

平成21年度「次世代産業創出人材育成・雇用拠点事業」採択者決定/経済産業省

経済産業省は、平成21年度「次世代産業創出人材育成・雇用拠点事業」の補助対象事業に、12件の応募者を採択しました。 当事業は、次世代産業(低炭素・環境分野、健康長寿分野等)の創出に取り組む地域で、公的研究機関、大学、企業、自治体等が一体となり、次世代産業の担い手となる研究人材、研究支援人材、技術者等の育成・再教育・雇用に向けた取組の支援を目的に公募を行ったもので、(株)ヒューエンスの「低コスト型環境浄化技術に係る研究・技術提案・特許出願スキルを有する人材の育成事業」や(株)NERCの「農作物残渣のバイオマス燃料化による域内循環・低炭素型産業創出と技術開発人材の育成」など12件を採択しました。

このページのトップへ

2009年08月28日

「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」フォローアップ報告書を公表/経済産業省

経済産業省資源エネルギー庁は、「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」のフォローアップ報告書を月26日公表しました。今回の報告書では、昨年3月に同省が作成したCool Earth-エネルギー革新技術計画を着実に実現するべく、同計画策定後1年余りが経過したことを踏まえ、技術開発と政策措置の現状を把握し、必要に応じて更なる政策強化を図るためとしています。

このページのトップへ

2009年08月27日

パンフレット「温暖化から日本を守る 適応への挑戦」を作成/環境省

環境省は、各省庁と共同で、パンフレット「温暖化から日本を守る 適応への挑戦」を作成しました。地球温暖化への適応に関する取組について、広く普及啓発することを目的に、「地球温暖化の影響に関する科学的知見」「適応の必要性」「分野別の適応の取組」「緩和と適応の融合の重要性」などが解説されています。

このページのトップへ

2009年08月25日

温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業の公募開始/環境省

環境省は、『温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』を実施する団体を、平成21年8月24日から9月18日まで募集します。近年、エネルギーの消費に伴う温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような商品、サービスが普及することによる温室効果ガスの排出削減効果を調査し、これらの普及を促進させるため、このモデル事業を実施します。

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

ユニフォームをご採用頂いた企業様に、新ユニフォームご採用までの経緯やご苦労された点などを伺いました。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ