TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2009年10月)

環境情報メールマガジン(2009年10月)

10月30日
アジア3R推進フォーラム設立会合が東京で開催/環境省
10月29日
国際シンポジウム「家庭のCO2大幅削減に向けて」開催/地球環境戦略研究機関
10月27日
「廃棄物・リサイクル分野における国内コベネフィットプロジェクトセミナー」が開催/環境省
10月26日
平成21年度 EST(環境的に持続可能な交通)普及推進事業 IN MATSUYAMA開催/環境省
10月22日
低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)第1回年次会合がイタリアで開催される/環境省
10月15日
「日本の気候変動とその影響」温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート公表/文部科学省
10月14日
なるほどエコトーク!「地球を感じる、もうひとつの空の旅」開催へ/国立環境研究所
10月13日
「環境ビジネス展開セミナー」を開催へ/国土交通省
10月09日
第1回「アジアグリーンITフォーラム」開催/経済産業省
10月08日
アジア太平洋環境プログラム(ASPIRE)に参画へ/国土交通省
10月06日
「廃棄物リサイクル分野における国内コベネフィット・プロジェクトセミナー」の開催/環境省
10月05日
太陽光発電買取制度室を設置/資源エネルギー庁
10月02日
「東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009」つくば市で開催/環境省
10月01日
エコファミリーWebサイトを活用した企業セミナーを開催へ/環境省
09月29日
「環境・気候変動問題」をテーマに「グローバルフェスタJAPAN2009」開催へ/外務省
09月28日
塗装作業でのVOC排出抑制に向けた自主的取組推進セミナーを開催へ/環境省
09月25日
「都市緑化月間」関連イベントの内容を公表/国土交通省
09月24日
第4回 3R推進関東大会inちば 開催へ/環境省

2009年10月30日

アジア3R推進フォーラム設立会合が東京で開催/環境省

環境省は、「アジア3R推進フォーラム」の設立を目的とした「アジア3R推進フォーラム設立会合」を、11月11日〜12日に東京で開催します。「アジア3R推進フォーラム」は、アジアの途上国における廃棄物の適正処理や3Rの推進による循環型社会構築に向けて、各国政府、国際機関、援助機関といった多様な関係者が協調した取組を進めていくための基盤ります。

このページのトップへ

2009年10月29日

国際シンポジウム「家庭のCO2大幅削減に向けて」開催/地球環境戦略研究機関

地球環境戦略研究機関(IGES)は11月19日に兵庫県神戸市のクラウンプラザ神戸においてを国際シンポジウム「家庭のCO2大幅削減に向けて 〜国内外の先進事例から学ぶ家庭の低炭素化〜」を開催します。同シンポジウムでは、Carbon Trust社の専門家による英国や欧州での低炭素社会構築に向けた最新情報の紹介と、家庭部門のCO2排出量削減を目的としたユニークな取組みとして、IGESが実施している「うちエコ診断事業」やロンドンを中心に展開されている「Green Concierge Service」等の先進的な取組みを紹介し、今後の低炭素社会の構築、および家庭部門のCO2排出量削減に関する議論を予定しています。

このページのトップへ

2009年10月27日

「廃棄物・リサイクル分野における国内コベネフィットプロジェクトセミナー」が開催/環境省

環境省は、「廃棄物・リサイクル分野における国内コベネフィットプロジェクトセミナー〜地球温暖化対策に係る取組への経済的インセンティブの活用〜」を、東京と大阪で開催します。同省は「国内コベネフィットプロジェクト」について検討を進めており、その概要や温室効果ガス排出削減・吸収量をクレジットして認証するオフセットクレジット制度等の動向、廃棄物・リサイクル分野での活用可能性などについての普及啓発をする目的で今回のセミナーを開催します。

このページのトップへ

2009年10月26日

平成21年度 EST(環境的に持続可能な交通)普及推進事業 IN MATSUYAMA開催/環境省

環境省、高松事務所は、平成21年度EST(環境的に持続可能な交通)普及推進事業 IN MATSUYAMAを平成21年10月31日、11月1日の両日、愛媛県松山市において開催します。重信川サイクリングを10月31日に実施するほか、11月1日にはトークセッション「自転車×街」等を開催する予定です。

このページのトップへ

2009年10月22日

低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)第1回年次会合がイタリアで開催される/環境省

「低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)」第1回年次会合が10月12日から13日にかけて、イタリアのボローニャで開催されました。今回の会合には、日本からは、環境省、国立環境研究所、地球環境戦略研究機関(LCS-RNet事務局)が出席しましたた。出席者による各国の低炭素社会関連研究に関する発表等を踏まえ、低炭素社会研究の情報交換や推進について議論が行われたました。

このページのトップへ

2009年10月15日

「日本の気候変動とその影響」温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート公表/文部科学省

文部科学省・環境省・気象庁は、日本を対象とした温暖化の観測・予測・影響評価に関する知見をとりまとめた統合レポート「日本の気候変動とその影響」を公表しました。日本の平均気温は1898年以降100年あたり約1.1度の割合で上昇しており、全世界で追加的な対策をとらない場合、21世紀末までの日本の平均気温の上昇は世界平均の予測値を0.3〜0.6度上回ると予測。その結果、洪水、土砂災害、ブナ林の適域の喪失、砂浜の喪失、西日本の高潮被害、熱ストレスによる死亡リスクの被害額の合計は、年あたり約17兆円(現在価値)と試算しています。

このページのトップへ

2009年10月14日

なるほどエコトーク!「地球を感じる、もうひとつの空の旅」開催へ/国立環境研究所

国立環境研究所は、11月1日に東京・江東区の日本科学未来館において、なるほどエコトーク!「地球を感じる もうひとつの空の旅」を開催します。同イベントは、科学技術振興機構主催の「サイエンスアゴラ2009」への出典イベントとして実施するもので、地球の大気観測に関するさまざまな話題について同研究所 大気・海洋モニタリング推進室長の町田 敏暢氏とともにクイズも交えながら楽しく語り合うことが出来るというものです。

このページのトップへ

2009年10月13日

「環境ビジネス展開セミナー」を開催へ/国土交通省

国土交通省は、国内建設業の環境技術を活用した新たなビジネス展開に対する支援と環境問題の解決・改善に向けた取組みを積極的に推進する観点から、「環境ビジネス展開セミナー」を10月16日/横浜、11月11日/北九州、11月13日大阪で開催します。セミナーでは、環境問題の解決・改善に役立ち、海外でもアピール性のある技術を有する地場建設企業等の関係者から、環境技術の活用事例の紹介を行う予定です。

このページのトップへ

2009年10月09日

第1回「アジアグリーンITフォーラム」開催/経済産業省

経済産業省は、10月6日に千葉市幕張において第1回「アジアグリーンITフォーラム」を開催しました。アジア各国において広く「グリーンIT」の考え方や活動が普及するよう、初の試みとして、温暖化問題に対するITの重要性について情報交換し、認識の共有を図るものです。フォーラムでは、グリーンIT の活用によりわれわれ人類にとっての重要課題である地球温暖化問題の解決に向けて最大限の努力を払うことを確認するとともに、アジア全体としてグリーンITの推進を加速していくことを確認しました。

このページのトップへ

2009年10月08日

アジア太平洋環境プログラム(ASPIRE)に参画へ/国土交通省

国土交通省は、10月11日から我が国がアジア地域で初めてアジア太平洋環境プログラム(ASPIRE)に参画すると発表。アジア太平洋環境プログラムとは、アジア太平洋地域において、管制機関と航空会社が連携をとり、効率的な運航を実現することで、消費燃料及び排出ガスの削減を図ろうとする環境への取り組みのことです。 現在までに、米国、豪州及びニュージーランドが参加しており、日本の参画により、ASPIREプログラム対象空域は太平洋全域となります。

このページのトップへ

2009年10月06日

「廃棄物リサイクル分野における国内コベネフィット・プロジェクトセミナー」の開催/環境省

廃棄物・リサイクル分野における国内コベネフィットに係るセミナーが、10月21日(水)の北九州を皮切りに、東京、大阪で開催されます。北九州でのセミナーのタイトルは「廃棄物リサイクル分野における国内コベネフィット・プロジェクトセミナー/地球温暖化対策に係る取組への経済的インセンティブの活用(仮称)」です。

このページのトップへ

2009年10月05日

太陽光発電買取制度室を設置/資源エネルギー庁

経済産業省、資源エネルギー庁省、エネルギー・新エネルギー部新エネルギー対策課に、10月1日付けで、「太陽光発電買取制度室」が設置されました。これは、今年11月から開始される「太陽光発電の新たな買取制度」に関する窓口機能を強化するために設置されたものです。制度の詳細に関する広く様々な方々からのお問い合わせへの対応、電力事業者からの照会への対応や、制度の広報・広聴に関する企画立案を行います。

このページのトップへ

2009年10月02日

「東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009」つくば市で開催/環境省

環境省は、「東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009」が、平成21年10月12日〜13日に「つくば国際会議場」で開催します。東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)は酸性雨の状況に関するデータを取りまとめた報告書を定期的に作成しており、2011年に取りまとめ予定の第2次評価報告書の作成に向けた専門家間の情報交換及び共通認識の醸成を図るとのことです。

このページのトップへ

2009年10月01日

エコファミリーWebサイトを活用した企業セミナーを開催へ/環境省

環境省近畿地方環境事務所は、10月15日に「エコファミリーWebサイト活用企業セミナー」を大阪市中央区の大阪府立男女共同参画・青少年センターで開催します。このセミナーでは、企業での環境教育のアイテムとして、環境省の「環境家計簿」を活用した企業環境教育がどのように取り組まれているのか、実際の活用事例等を紹介するものです。

このページのトップへ

2009年09月29日

「環境・気候変動問題」をテーマに「グローバルフェスタJAPAN2009」開催へ/外務省

外務省は10月3日、4日日、東京の日比谷公園で「グローバルフェスタJAPAN2009」を開催します。今回は統一テーマを「環境・気候変動問題〜地球と世界の今を、楽しみながら知る2日間〜」として、国際協力への関心が比較的薄い層、特に、20代、30代の若い世代にも目を向けてもらうことを目指しており、10月3日には、女優の岸本加世子さん他が出演するパネルディスカッション「環境・気候変動問題について語ろう!〜ひとりひとりがストップ温暖化」などが予定されています。

このページのトップへ

2009年09月28日

塗装作業でのVOC排出抑制に向けた自主的取組推進セミナーを開催へ/環境省

環境省九州地方環境事務所は、九州経済産業局、福岡県、佐賀県(鳥栖会場)、北九州市(北九州会場)との共催により「VOC排出抑制自主的取組普及セミナー(北九州及び鳥栖会場)」を、開催します。大気汚染の原因物質の1つであるVOCについては、「改正・大気汚染防止法」の中に、規制と事業者の自主的取組みを組合せ、効果的排出抑制を行うとの方針が盛り込まれています。

このページのトップへ

2009年09月25日

「都市緑化月間」関連イベントの内容を公表/国土交通省

国土交通省は、10月の「都市緑化月間」中に開催するイベントの概要を公表しました。本年度の「都市緑化月間」のイベントとしては「平成21年度都市緑化キャンペーン」(東京・数寄屋橋公園 10月9日)、「ひろげよう 育てよう みどりの都市」全国大会(東京・日比谷公会堂 10月30日)、国営公園の無料開放などをはじめ、全国各地で都市緑化の普及、啓発のための行事を実施する予定です。

このページのトップへ

2009年09月24日

第4回 3R推進関東大会inちば 開催へ/環境省

環境省、関東地方環境事務所は、「第4回3R推進関東大会 in ちば」を10月16日から18日まで千葉市の千葉ポートアリーナにおいて開催します。童謡ジャグバンド「少年山賊団」ライブ、環境戦隊ステレンジャーショー「環境エクササイズ編」、体験コーナー 、パネル展示コーナーなどのイベントが予定されています。

このページのトップへ

2009年09月18日

「プラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷の削減効果」を公表

環境省は、容器包装リサイクル法に基づくプラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷削減効果のLCA分析を昨年に引き続いて実施し、その結果を公表しました。現行の容器包装リサイクル制度の効果については、昨年の分析でも検討した分別せずに現行技術で焼却した場合との比較のみならず、全量高効率のごみ発電施設で焼却発電を行う場合と比べてもなお、容器包装リサイクルを行った方がCO2排出量が少ないことなどが明らかとなりました。

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

ユニフォームをご採用頂いた企業様に、新ユニフォームご採用までの経緯やご苦労された点などを伺いました。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ