TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2010年03月)

環境情報メールマガジン(2010年03月)

03月29日
EPO九州による企業・NPO等の環境パートナーシップの推進事業をスタート/環境省
03月25日
国連持続可能な廃棄物管理会議準備会合の結果公表/環境省
03月24日
「環境投資等実態調査」調査結果を公表/環境省
03月23日
ディーゼル特定特殊自動車の排出ガス規制を大幅強化へ/環境省
03月18日
環境対応車シンポジウムの開催/環境省
03月16日
「学びをつなぐ未来をつくる地域のESD活動推進シンポジウム」開催/環境省
03月15日
地球温暖化対策基本法案が閣議決定/環境省
03月12日
木の家づくり”から林業再生を考える委員会の設置/国土交通省
03月11日
「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証基準」策定/環境省
03月09日
「生物多様性EXPO2010 in 大阪」開催/環境省
03月08日
「国際グリーン・ツーリズムシンポジウム」開催/農林水産省
03月05日
「eco japan cup 2010」事業説明会開催/環境省
03月04日
平成21年度環境研究・技術開発に係る成果発表会の開催/環境省
03月02日
「エネルギー教育フェア2010」開催へ/経済産業省
03月01日
植樹活動など「グリーンウェイブ2010」実施/環境省
02月26日
「エコ・アクション・ポイント シンポジウム」開催/環境省
02月25日
シンポジウム「低炭素社会に向けた日本のエネルギーの将来像」開催/経済産業省
02月23日
エコポイントの対象製品購入期限を平成22年12月31日まで延長/エコポイント事務局
02月22日
平成20年度に発覚した産廃不法投棄量、約20.3万トンに/環境省
02月19日
エコレールマーク認定商品50件、認定企業59件に/国土交通省

2010年03月29日

EPO九州による企業・NPO等の環境パートナーシップの推進事業をスタート/環境省

環境省九州地方環境事務所は、九州地方における環境パートナーシップ形成促進拠点である九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)において「『エコパートナーを支援します!』〜EPO九州による企業・NPO等の環境パートナーシップの促進事業〜」を開始します。

このページのトップへ

2010年03月25日

国連持続可能な廃棄物管理会議準備会合の結果公表/環境省

環境省は、国連と共催で、3月18日〜19日に「国連持続可能な廃棄物管理会議準備会合」を東京にて開催しました。会合では、世界の廃棄物管理の状況のレビュー、適正な廃棄物管理や3Rの推進方策等について議論が行われ、その結果が議長サマリーとしてとりまとめられました。

このページのトップへ

2010年03月24日

「環境投資等実態調査」調査結果を公表/環境省

環境省は、3月19日、環境投資等実態調査の結果について公表しました。調査結果によると、従業員300名以上(一部業種については100名以上)の事業者による平成20年度の環境保全のための設備投資額の合計は1兆5,232億円と推計され、本調査による設備投資額全体の推計値(48兆431億円)に占める割合は、3.2%です。内訳は、地球環境保全のための投資(7,336億円、48.2%)、公害防止のための投資 (4,927億円、 32.3%)、資源循環のための投資( 2,789億円、18.3%)でした。

このページのトップへ

2010年03月23日

ディーゼル特定特殊自動車の排出ガス規制を大幅強化へ/環境省

環境省は、3月18日にディーゼル特定特殊自動車の排出ガス規制を強化するため「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等を公布しました。これにより我が国のディーゼル特定特殊自動車の排出ガス規制は世界で最も厳しいレベルのものとなる。具体的には、ディーゼル特定特殊自動車の排出ガス規制値が、従来と比較して粒子状物質で88〜93%強化されます。

このページのトップへ

2010年03月18日

環境対応車シンポジウムの開催/環境省

環境省は、電気自動車等の環境対応車の普及を図るため、3月30日に環境対応車シンポジウムを東京で開催します。早稲田大学理工学術院創造工学部教授の大聖泰弘氏による基調講演「(仮)環境対応車の開発状況について」、モータージャーナリストでレーシングドライバーの佐藤久実氏による特別講演「エコドライブのススメ」を行うほか、パネルディスカッション「(仮)環境対応車の普及に向けて」を実施する予定です。

このページのトップへ

2010年03月16日

「学びをつなぐ未来をつくる地域のESD活動推進シンポジウム」開催/環境省

環境省は、3月23日に国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、「学びをつなぐ未来をつくる地域のESD活動推進シンポジウム」を開催します。地域におけるESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)活動を更に推進するため、有識者による基調講演、「地域のESD活動推進のための方策〜+ESDプロジェクトの可能性〜」をテーマとしたパネルディスカッション等を行います。

このページのトップへ

2010年03月15日

地球温暖化対策基本法案が閣議決定/環境省

環境省は3月12日、地球温暖化対策基本法案が閣議決定され、第174回通常国会に提出する事になったと発表。今回の法案では、地球温暖化対策に関し、基本原則を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、温室効果ガスの排出の量の削減に関する中長期的な目標を設定し、地球温暖化対策の基本となる事項を定めるています。

このページのトップへ

2010年03月12日

“木の家づくり”から林業再生を考える委員会の設置/国土交通省

国土交通省は、関係省庁との協力のもと、「“木の家づくり”から林業再生を考える委員会」を設置します。“木の家づくり”を通じて、森林・林業の再生、低炭素社会の実現等を図ることを目的として、林業・木材産業関係者から住宅生産者に至るまでの連携した取組を推進するため、これらの関係者を一堂に会して今後の取組の方向性等について検討を行います 第1回委員会は、3月15日に開催する予定です。

このページのトップへ

2010年03月11日

「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証基準」策定/環境省

環境省は、3月9日までに策定した「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」について3月23日まで意見募集を実施します。カーボン・オフセットの取組を広め、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員の自発的な取組を促進するためには、カーボン・オフセットの取組について信頼性を構築していきます。
 
同省では、 信頼性のあるカーボン・オフセットを推進するため、平成21年3月に、「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証基準」を策定し、気候変動対策認証センターにおいて平成21年5月にカーボン・オフセット認証制度を創設、これまでに31件を認証しています。

このページのトップへ

2010年03月09日

「生物多様性EXPO2010 in 大阪」開催/環境省

環境省は、生物多様性に関する総合展示会「生物多様性EXPO2010in 大阪」を、3月20日〜21日に大阪市北区中之島のグランキューブ大阪で開催します。この展示会は、1.生物多様性に配慮した事業活動を行っている企業等の情報交換や、新たな連携を推進するための場を提供することにより、生物多様性の保全と持続可能な利用に寄与する事業活動等の活性化を促進すること、2.生物多様性に配慮した商品やサービスについて紹介することにより、来場者に対して生物多様性の重要性について普及啓発を図ることを目的として開催するものです。

このページのトップへ

2010年03月08日

「国際グリーン・ツーリズムシンポジウム」開催/農林水産省

農林水産省は、3月11日に東京都文京区の東洋大学にて国際グリーン・ツーリズムシンポジウムを開催します。このシンポジウムは、国内外のグリーン・ツーリズムの有識者、先進的な取り組みを実践している自治体・事業者、関係者の積極的な参加を通じ、こうした「国際グリーン・ツーリズムの展望と課題」を探り、農山漁村地域の活性化に資することを目的として開催するものです。

このページのトップへ

2010年03月05日

「eco japan cup 2010」事業説明会開催/環境省

環境省は、3月10日に東京都の環境パートナーシップオフィスにおいて、エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup 2010」事業説明会を開催します。「eco japan cup」事業は、“日本発、世界の経済をエコ化する!”をコンセプトに掲げ、2006年度より開催しているものです。

このページのトップへ

2010年03月04日

平成21年度環境研究・技術開発に係る成果発表会の開催/環境省

環境省は、3月26日に、東京都千代田区平河町の全国都市会館で「平成21年度環境研究・技術開発に係る成果発表会」を開催します。産学官などの英知を活用し、環境分野の研究・技術開発の推進を図ることを目的として実施している環境研究・技術開発推進費(競争的研究資金)により行われている研究課題のうち、平成21年度に終了予定の17課題について、その研究成果の発表を行うものです。

このページのトップへ

2010年03月02日

「エネルギー教育フェア2010」開催へ/経済産業省

経済産業省、資源エネルギー庁は、3月13日・14日の両日、東京・有明のパナソニックセンター東京で、「エネルギー教育フェア2010」を開催します。前東京大学総長小宮山宏氏から「課題先進国日本におけるエネルギー環境教育のあり方」について記念講演が行われるほか、「私たちのくらしとエネルギー」作文コンクールの表彰式、エネルギー教育に意欲的に取り組む「エネルギー教育実践校」や、地域特性をいかしたエネルギー教育の普及啓発に取り組む「地域拠点大学」「エネルギー教育推進会議」の実践活動・研究成果の発表など、エネルギー教育の最先端に触れることができます。

このページのトップへ

2010年03月01日

植樹活動など「グリーンウェイブ2010」実施/環境省

環境省、国土交通省及び林野庁は、3月1日から5月31日までの期間を「グリーンウェイブ2010」として、全国の青少年などが、植樹や植樹した樹木への水やりを行う活動等を展開することを呼びかけます。併せて、グリーンウェイブ活動に参加する学校等の教育機関、青少年団体、NPOなどの「参加団体」とグリーンウェイブの実施に協力する「協力団体」を募集します。

このページのトップへ

2010年02月26日

「エコ・アクション・ポイント シンポジウム」開催/環境省

環境省は、3月17日に東京にて「エコ・アクション・ポイント シンポジウム」を開催します。エコ・アクション・ポイントモデル事業に参加している事業者の方々から具体的な取組内容を紹介するとともに、消費者と事業者の協働作業を通して低炭素社会作りを進めていく意義や可能性等について、有識者を交えたパネルディスカッションを行います。

このページのトップへ

2010年02月25日

シンポジウム「低炭素社会に向けた日本のエネルギーの将来像」開催/経済産業省

経済産業省、資源エネルギー庁は、3月13日と14日、低炭素社会に向けた日本のエネルギーのあり方を考えるため、エネルギーシンポジウムを福井県敦賀市及び新潟県柏崎市において開催します。有識者による基調講演及びパネルディスカッションにより、地球温暖化防止とエネルギーの安定供給の観点から日本のエネルギーの将来像やいま私たちにできることを考えることにより、低炭素社会の実現に向けた取組として、新エネルギーや原子力の意義についての理解促進に資することを目的とするものです。

このページのトップへ

2010年02月23日

エコポイントの対象製品購入期限を平成22年12月31日まで延長/エコポイント事務局

グリーン家電エコポイント事務局は、「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」の対象製品購入期限を平成22年3月31日から平成22年12月31日まで延長します。家電エコポイント登録申請期限についても平成23年2月28日(書面申請、インターネット申請ともに当日消印有効)まで延長。平成22年3月31日までに購入した場合も、登録申請期限は平成23年2月28日となります。

このページのトップへ

2010年02月22日

平成20年度に発覚した産廃不法投棄量、約20.3万トンに/環境省

環境省は、平成20年度の産業廃棄物の不法投棄等の状況について公表しました。発覚した産業廃棄物不法投棄件数は308件(前年度:382件)で、不法投棄量は約20.3万トン(前年度:約10.2万トン)です。投棄量で見ると、建設系廃棄物が17.7万トンと多く、全体の87.5%を占めています。

このページのトップへ

2010年02月19日

エコレールマーク認定商品50件、認定企業59件に/国土交通省

第20回「エコレールマーク運営・審査委員会」が2月17日に開催され、新たに認定商品として7件、認定企業として6件について「エコ・レールマーク」の使用を認めることが決まりました。「エコ・レールマーク」は、鉄道貨物輸送のCO2排出量が営業用トラック輸送の7分の1しかなく環境負荷が低いことを一般消費者に知ってもらうために制定されたラベルです。今回、企業として利用が認定されたのは、平和、オリンピア、淀川製鋼所、ユアサパワーサプライ、キリンビール、東芝ライテックの6社です。

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

ユニフォームをご採用頂いた企業様に、新ユニフォームご採用までの経緯やご苦労された点などを伺いました。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ