TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2010年07月)

環境情報メールマガジン(2010年07月)

07月29日
「第19回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー」ハノイで開催/環境省
07月27日
太陽熱発電に関するチュニジアとの共同プロジェクトの実施に合意/経済産業省
07月26日
低炭素社会におけるガス事業のあり方を検討へ/経済産業省
07月23日
生物多様性国際ユース会議 in 愛知 2010の開催/環境省
07月22日
第2回環境と保健に関する閣僚級地域フォーラムを韓国で開催/環境省
07月21日
海洋環境の保全に関する日韓協議の開催/外務省
07月20日
平成22年度「自然に親しむ運動」の内容を公表/環境省
07月18日
水の週間記念シンポジウムを開催/国土交通省
07月17日
2010年6月の世界の月平均気温、6月としては観測史上最高タイに/気象庁
07月16日
長期優良住宅建築等計画 認定状況を公表(平成22年6月末)/国土交通省
07月15日
平成22年度 新規委託プロジェクト研究を実施/農林水産省
07月13日
2010年6月のエルニーニョ監視速報を発表/気象庁
07月12日
住宅エコポイントの実施状況(平成22年6月末時点)/住宅エコポイント事務局
07月10日
平成22年度のグリーン購入調達方針を公表/国土交通省
07月05日
地方公共団体のグリーン購入、調達方針作成は34.0%に増加/環境省
06月22日
平成22年3月〜5月の世界の平均気温 観測史上最高を記録!/気象庁
06月21日
エコ・アクション・ポイントとMOTTAINAIキャンペーンが連携/環境省
06月18日
「エネルギー白書2010」公表/資源エネルギー庁

2010年07月29日

「第19回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー」ハノイで開催/環境省

環境省は、「第19回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー」の開催結果公表しました今回のセミナーは、アジア太平洋地域の間で地球温暖化問題に関する情報や意見交換を行うことを目的として、1.測定・報告・検証(MRV)可能な排出削減対策、2.科学的知見に基づく適応策について議論が行われ、排出削減対策と国別報告書のあり方やそのために必要な支援の重要性、適応策の開発への主流化と支援の重要性等について合意に至りました。

このページのトップへ

2010年07月27日

太陽熱発電に関するチュニジアとの共同プロジェクトの実施に合意/経済産業省

経済産業省は、松下副大臣とジュイニ・チュニジア開発・国際協力大臣との会談において、チュニジアにおける太陽熱発電に関する共同プロジェクトの実施が合意されたと発表しました。本プロジェクトは、タワー式の集光型太陽熱発電とガスコンバインドサイクル発電を複合して利用する「太陽熱複合発電」で、チュニジア政府の進める、チュニジア・ソーラー・プランに位置付けられています。

このページのトップへ

2010年07月26日

低炭素社会におけるガス事業のあり方を検討へ/経済産業省

経済産業省、資源エネルギー庁は、7月22日、近年の事業環境の変化を踏まえた天然ガスシフト推進のための施策を検討するとともに、ガス事業者の有する高度な環境・エネルギー技術の内外への普及促進策のあり方を検討するため、「低炭素社会におけるガス事業のあり方に関する検討会」を開催します。

このページのトップへ

2010年07月23日

生物多様性国際ユース会議 in 愛知 2010の開催/環境省

環境省は、8月21日〜27日に「生物多様性国際ユース会議 in 愛知 2010」を開催します。2010年に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けて、アジアの青年の交流と生物多様性に関する意識の向上などを目指すものです。

このページのトップへ

2010年07月22日

第2回環境と保健に関する閣僚級地域フォーラムを韓国で開催/環境省

「環境と保健に関する閣僚級地域フォーラム」第2回会合が7月15日、韓国のチェジュで開催されました。環境に関わる健康の問題への効率的対処、域内の環境担当大臣と保健担当大臣の協力強化、域内の環境・保健に関する共通戦略、規制の実施促進を目的として開催されたものです。

このページのトップへ

2010年07月21日

海洋環境の保全に関する日韓協議の開催/外務省

外務省は、7月14日に島根県米子市において、海洋環境の保全に関する日韓協議が開催しました。日韓両国が,漂着ゴミ問題や放置漁具を含む漁業環境の保全等についてとりあげ、専門的な分析を踏まえ、きれいで豊かな海を共に守るための協力を一層強化する方途につき建設的な意見交換を行いました。

このページのトップへ

2010年07月20日

平成22年度「自然に親しむ運動」の内容を公表/環境省

環境省では、毎年7月21日から8月20日を「自然に親しむ運動」期間とし、都道府県、市町村などと協力して、全国の自然公園、景勝地、休養地及び身近な自然地域において、自然に親しむための各種行事を実施します。今年も全国の環境省地方環境事務所や地方公共団体などの主催により自然観察会、体験キャンプ、ハイキングなどの行事が展開されます。

このページのトップへ

2010年07月18日

水の週間記念シンポジウムを開催/国土交通省

国土交通省は、平成22年7月30日に水の週間記念シンポジウム『節水は新たなエコビジネスになりうるのか?/節水型ライフスタイル・社会システムの提案』を東京・千代田区の科学技術館サイエンスホールで開催します。今回のシンポジウムでは、明治大学教授の北野大氏をコーディネータに迎えて、国内外における節水に関する最新事情、節水の効果について紹介し、今後の国内における節水の普及、海外も含めた新たな方向性についてパネルディスカッションを行うほか、産学官が連携した、節水を踏まえた新たな取組の発足を宣言する予定です。

このページのトップへ

2010年07月17日

2010年6月の世界の月平均気温、6月としては観測史上最高タイに/気象庁

2010年6月の世界の月平均気温が統計を開始した1891年以降の最高値となっていたことが気象庁の2010年7月15日付けの発表で明らかにりました。2010年6月の世界の月平均気温(陸域の地表付近の気温と海面水温の平均)は、陸域では中国北部からモンゴルにかけての地域、西アジア、米国南部で平年より高くなりました。

このページのトップへ

2010年07月16日

長期優良住宅建築等計画 認定状況を公表(平成22年6月末)/国土交通省

国土交通省は、平成21年6月より運用を開始している「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく長期優良住宅建築等計画の認定制度について、各都道府県の平成22年6月末時点の認定状況を公表しました。制度運用開始からの累計は、一戸建て住宅が78,015戸、共同住宅等が1,982戸で計79,997戸となりました。都道府県別に見ると「一戸建て住宅」では愛知県が931戸と最も多く、続いて埼玉県の535戸でした。また、「共同住宅等」では東京都の761戸が最も多かった。

このページのトップへ

2010年07月15日

平成22年度 新規委託プロジェクト研究を実施/農林水産省

農林水産省は、平成22年度 新規委託プロジェクト研究6課題の研究体制を公表しました。平成22年度は、新規5課題、拡充1課題の計6課題を実施するとしています。6課題の内、温室効果ガス削減に向けた研究開発の強化を目的に1.農林水産分野における地球温暖化対策のための緩和及び適応技術の開発(新規課題)、2.地域活性化のためのバイオマス利用技術の開発(拡充課題)の2課題が含まれています。

このページのトップへ

2010年07月13日

2010年6月のエルニーニョ監視速報を発表/気象庁

気象庁は、エルニーニョ/ラニーニャ現象に関する2010年6月の太平洋赤道域の大気・海洋の状況と2011年1月までの見通しについて発表しました。各種の観測データとエルニーニョ予測モデルを用いた解析の結果から、この夏にラニーニャ現象が発生し、秋以降も持続する可能性が高いと予測しています。

このページのトップへ

2010年07月12日

住宅エコポイントの実施状況(平成22年6月末時点)/住宅エコポイント事務局

環境省、経済産業省、国土交通省及び住宅エコポイント事務局は、「エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)」の平成22年6月末時点での実施状況についてとりまとめ公表しました。6月の住宅エコポイントの申請状況は、新築が10,515件、リフォームが29,188件、6月末時点の累計は、新築が17,426件、リフォームが64,408件となっています。

このページのトップへ

2010年07月10日

平成22年度のグリーン購入調達方針を公表/国土交通省

今回の「基本方針」変更点は1.OA機器の「掛時計」、2.制服・作業服の「帽子」、3.その他繊維製品の「旗」「のぼり」「幕」「モップ」、4.役務の「クリーニング」の特定調達物品への追加等が主な内容です。公共工事については、特定調達品目となっている計66品目の資材、建設機械、工法、目的物を使用した公共工事の調達を、積極的に推進するとともに、引き続き、13年度に設置した学識委員会から、公共工事の環境負荷低減施策の方針全般に関する提言・助言を受けるとしています。

このページのトップへ

2010年07月05日

地方公共団体のグリーン購入、調達方針作成は34.0%に増加/環境省

環境省は、全国の地方自治体を対象に実施していたグリーン購入への取組み状況や問題点などについての平成21年度のアンケート調査結果を公表しました。調達方針を策定済みとする地方公共団体の割合は、34.0%でした。一方、「調達方針の策定予定なし」と回答した地方公共団体の割合は 32.5%であり、その理由として、「策定方法が分からない」、「策定する必要性が感じられない」などがあげられています。

このページのトップへ

2010年06月22日

平成22年3月〜5月の世界の平均気温 観測史上最高を記録!/気象庁

2010年3月〜5月(北半球春季)の世界の平均気温が、この時期としては最も高い値となりました。陸域ではアフリカ北部から西アジア、南アジアにかけての地域、アメリカ合衆国北部からカナダにかけての地域、南アメリカ大陸で平年より高い値です。

このページのトップへ

2010年06月21日

エコ・アクション・ポイントとMOTTAINAIキャンペーンが連携/環境省

平成22年度エコ・アクション・ポイントモデル事業において、新たなキャンペーンとしてMOTTAINAIキャンペーンとの連携が実施されます。6月20日からMOTTAINAI SHOPで販売する商品にエコ・アクション・ポイントが付与されます。

このページのトップへ

2010年06月18日

「エネルギー白書2010」公表/資源エネルギー庁

経済産業省資源エネルギー庁は、6月15日に閣議決定された「エネルギー白書2010」の内容を公表しました。今回の白書は、各国のエネルギー安全保障の定量評価による国際比較、再生可能エネルギーの導入動向と今後の導入拡大に向けた取組の2点をポイントとしています。

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

ユニフォームをご採用頂いた企業様に、新ユニフォームご採用までの経緯やご苦労された点などを伺いました。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ