TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2012年02月)

環境情報メールマガジン(2012年02月)

02月28日
「カーボン・マーケットEXPO 2012 〜カーボン・アクションで日本を元気に!〜」3月7日開催/環境省
02月27日
「環境報告ガイドライン 2012年版(案)」を公表/環境省
02月23日
カーボンフットプリント総括シンポジウム開催/経済産業省
02月21日
店頭回収によるプラスチック製品リサイクルの実証事業展開/環境省
02月20日
坂出の塩田跡地にメガソーラーを開発、7月に稼働/国際航業グループ
02月16日
ケナフ活用技術を応用の軽量化自動車内装部品を開発/トヨタ紡織
02月15日
「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2012」開催/環境省
02月14日
ドイツで海底送電インフラ事業に参入/三菱商事
02月13日
自動車販売店に太陽光発電システムを設置するプロジェクトを開始/ホンダ
02月10日
自前で電力確保の仕組み検討、水力や太陽光発電など支援も/環境省
02月09日
グリーン購入法に基づく「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」変更/環境省
02月07日
食品廃棄物等の発生抑制の目標値へ、告示案公表/環境省
02月06日
平成23年度、使用済製品等のリユースに関するモデル事業/環境省
02月03日
「子どもの健康と環境に関する全国調査」国際シンポジウム開催/環境省
02月02日
エコアクション21業種別ガイドライン取りまとまる/環境省
01月31日
住宅エコポイントの実施状況を公表/住宅エコポイント事務局
01月30日
「平成22年度環境にやさしい企業行動調査」公表/環境省
01月27日
産業廃棄物適正処理シンポジウムを大阪で開催/環境省
01月24日
平成23年度環境配慮契約法基本方針説明会の開催/環境省

2012年02月28日

「カーボン・マーケットEXPO 2012 〜カーボン・アクションで日本を元気に!〜」3月7日開催/環境省

環境省は、3月7日に東京国際フォーラムにおいて「カーボン・マーケットEXPO 2012 〜カーボン・アクションで日本を元気に!〜」を開催します。このイベントは、カーボン・オフセットの取組のみならず、事業者による温室効果ガスの排出削減努力を可視化する様々な取組を対象に、「カーボン・マーケットEXPO」として実施することにより、来場者が様々な温暖化の取組を自社のビジネスやCSR活動等に活用することを総合的に考えることができる機会を提供することを目的に開催するものです。

このページのトップへ

2012年02月27日

「環境報告ガイドライン 2012年版(案)」を公表/環境省

環境省は、「環境報告ガイドライン 2012年版(案)」を公表しました。今回の改訂では、既に環境報告を実施している事業者にとって、更に質の向上につながるようにすること、未だ実施していない事業者にとっては、新たな実施につながるようにすること等をめざして、1.環境報告の基本指針を記載するなどの定義の明確化、2.国際的な検討やワークフレームを参考にした環境報告の一般原則の見直しなど11項目を主な改良点としてあげています。

このページのトップへ

2012年02月23日

カーボンフットプリント総括シンポジウム開催/経済産業省

経済産業省は、2月23日(木)に開催するカーボンフットプリント総括シンポジウムをインターネットで生中継します。カーボンフットプリント(CFP)とは、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るライフサイクル全体において排出される温室効果ガスをCO2量に換算し、わかりやすく表示するものです。

このページのトップへ

2012年02月21日

店頭回収によるプラスチック製品リサイクルの実証事業展開

環境省は、店頭回収によるプラスチック製品リサイクルの実証事業を平成24年2月から3月にかけて展開します。この事業は、製品プラスチック等の効率的な回収システムを構築しリサイクルを促進するためにはどのような対応が考えられるのか、課題を整理するために実施するものです。
 
この事業は、日本環境設計株式会社が事務局となる「PLA−PLUS(プラプラ)プロジェクト」として実施し、回収参加企業の店頭等でプラスチック製品の回収を行うことで実証します。

このページのトップへ

2012年02月20日

坂出の塩田跡地にメガソーラーを開発、7月に稼働/国際航業グループ

国際航業グループは、香川県坂出市の塩田跡地にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を開発します。土地所有会社と賃貸借で基本合意し、7月の稼働を目指して工事を進めます。出力は約2MW(2000kW)で、国の再生可能エネルギー全量買い取り制度を前提にし、総事業費は約6億円です。

このページのトップへ

2012年02月16日

ケナフ活用技術を応用の軽量化自動車内装部品を開発/トヨタ紡織

トヨタ紡織は、植物材料のケナフ活用技術を応用して軽量化を図った新たな自動車内装部品を開発しました。ドア内側の内装、ドアトリムの基材と、シートの後ろ側の板、シートバックボードの基材で、トヨタ自動車が全面改良して1月26日に発売した高級ブランド、レクサスのセダン「GS」に採用されました。

このページのトップへ

2012年02月15日

「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2012」開催/環境省

環境省は、3月7日(水)に「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2012」を東京国際フォーラムにおいて開催します。このセミナーは、「カーボン・マーケットEXPO 2012 〜カーボン・アクションで日本を元気に!〜」の1つのプログラムとして開催するもので、CO2削減・節電ポテンシャル診断事業の概要と成果の発表の他、これまでに診断を受けた事業者による受診の感想や効果等の発表と、診断機関による最新の温暖化対策技術や診断チェックポイントの紹介等を行う予定です。

このページのトップへ

2012年02月14日

ドイツで海底送電インフラ事業に参入/三菱商事

三菱商事は、ドイツで海底送電インフラ事業に参入する。北海に建設予定の洋上風力発電所と陸上の変電設備を結ぶ海底送電資産の事業権の49%を、オランダの国営送電事業者、テネットから取得することで同社と基本合意しました。取得にあたり約200億円を投資する。送電事業者以外がドイツの送電事業に参画するのは初めてとのこと。

このページのトップへ

2012年02月13日

自動車販売店に太陽光発電システムを設置するプロジェクトを開始/ホンダ

ホンダは、国内の自動車販売店に太陽光発電システムを設置するプロジェクトを始めました。太陽電池の製造・販売を手掛ける子会社、ホンダソルテック製のシステム計1MW(1000kW)を2013年度末までに導入します。プロジェクトの第1号として東京都足立区の販売店「Honda Cars 東京中央足立小台店」に、9kWの太陽光発電システムを取り付けました。

このページのトップへ

2012年02月10日

自前で電力確保の仕組み検討、水力や太陽光発電など支援も/奈良県

奈良県内で自前の電力供給を模索する県の「エネルギー利活用研究会」の初会合と、冬の節電を考える「県節電協議会」が12月15日、奈良市内でそれぞれ開かれ、災害など緊急時に必要な電力を自給でき、さらに節電などの省エネを融合したエネルギー政策に関する本格的な検討が始まりました。

このページのトップへ

2012年02月09日

グリーン購入法に基づく「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」変更/環境省

環境省は、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)に基づく「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」の変更を公表しました。今回の変更は、「LED照明」「自動車」「高日射反射率塗料」「印刷」に関する判断基準の強化を図るなど、15品目の基準等の見直しを行っています。

このページのトップへ

2012年02月07日

食品廃棄物等の発生抑制の目標値へ、告示案公表/環境省

環境省は、た食品廃棄物等の発生抑制の目標値に係る告示案等について公表しました。 今回の改正は、食品循環資源の再生利用等の促進に関する食品関連事業者の判断の基準となるべき事項を定める省令第3条第2項に基づく期間及び基準発生原単位(発生抑制の目標値)を定めるとともに、定期報告により報告を求める業種区分について改定するものです。

このページのトップへ

2012年02月06日

平成23年度、使用済製品等のリユースに関するモデル事業/環境省

環境省は、使用済製品等のリユースに関するモデル事業を神奈川県秦野市と京都府綾部市において実施します。事業の詳細は、市が回収した粗大ごみ等のうち、まだ中古品として利用・販売できると思われる製品を取り置き、排出者(市民)からリユースをしてもよいと確認が取れたものを連携するリユースショップに中古品として買取を依頼するものです。

このページのトップへ

2012年02月03日

「子どもの健康と環境に関する全国調査」国際シンポジウム開催

環境省は、2月28日に「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」国際シンポジウムを北九州市で開催します。今回のシンポジウムは、世界で進められている子どもの健康に関する大規模追跡調査について、各国の研究者から紹介してもらうとともに、前日の2月27日に開催される、世界保健機関主催の「次世代の大規模出生コホート(集団追跡)調査の協調に関する作業グループ会合」の結果報告などを行います。

このページのトップへ

2012年02月02日

エコアクション21業種別ガイドライン取りまとまる/環境省

環境省は、1月31日、「エコアクション21業種別ガイドライン」を公表しました。エコアクション21は、中小企業を含む幅広い事業者が、自主的・積極的に行うための環境マネジメントシステムのことです。 今回の業種別ガイドラインは、「建設業者向け」、「産業廃棄物処理業者向け」、「食品関連事業者向け」及び「大学等高等教育機関向け」を策定しています。

このページのトップへ

2012年01月31日

住宅エコポイントの実施状況を公表/住宅エコポイント事務局

住宅エコポイント事務局は、「エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)」の平成23年12月末時点での実施状況を公表しました。12月末時点の累計は、新築が618,669件、リフォームが585,253件です。

このページのトップへ

2012年01月30日

「平成22年度環境にやさしい企業行動調査」公表/環境省

環境省は、「平成22年度環境にやさしい企業行動調査」を公表しました。環境への取組を社会的責任として実施している企業は8割以上と、高い割合を占めました。地球温暖化対策については、「方針を定め、取組を行っている」と回答した企業は約6割と、昨年度より増加しました。

このページのトップへ

2012年01月27日

産業廃棄物適正処理シンポジウムを大阪で開催/環境省

環境省近畿地方環境事務所は、2月29日に産業廃棄物適正処理シンポジウム「廃棄物の適正処理と企業経営を考える」を大阪で開催します。このシンポジウムは、平成22年に改正され今年度から施行された、改正廃棄物処理法を踏まえ、廃棄物処理法に基づく排出者責任の徹底等による廃棄物の適正処理の重要性についての再認識と、さらなる意識向上を目的として実施するものです。

このページのトップへ

2012年01月24日

平成23年度環境配慮契約法基本方針説明会の開催

環境省は、平成23年度環境配慮契約法基本方針説明会を2月8日から全国20箇所で開催します。説明会では、環境配慮契約法及び基本方針、今年度の解説資料改訂内容の解説を行い、環境配慮契約の考え方の普及を図るために、国の機関、独立行政法人等、国立大学法人等、地方公共団体等及び事業者を対象に実施するものです。

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

ユニフォームをご採用頂いた企業様に、新ユニフォームご採用までの経緯やご苦労された点などを伺いました。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ