TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2014年1月)

環境情報メールマガジン(2014年1月)

1月29日
東京都千代田区 「環境カレンダー」作成 家庭のエコ活動促進へ /月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)
1月27日
小型家電リサイクル法に基づく再資源化事業計画 10社に認定/環境省
1月24日
環境省 被災地の地下水質モニタリング調査 放射性物質濃度の測定結果を公表(平成25年10月〜11月分)/環境省
1月22日
国際シンポジウム「自然資本と企業・自治体経営」 2月17日開催/環境省
1月20日
3R推進セミナー「地域循環圏から見る市民力と地域パートナーシップ」 2月4日開催/環境省
1月17日
「エコマークアワード2013」受賞者の発表について/日本環境協会
1月15日
山梨県 「スマートカンパニー大賞」 優れた省エネ対策を表彰 /山梨県
1月10日
「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」3周年記念シンポジウム 1月31日開催/環境省
1月08日
日本政策投資銀行、英国で丸紅などが運営する洋上風力発電事業に出資して参画/(株)日本政策投資銀行
1月07日
「富士山ガイダンス」 2月4日に開催/環境省

2014年1月29日

 東京都千代田区 「環境カレンダー」作成 家庭のエコ活動促進へ /月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

東京都千代田区は、区民が毎日の生活の中でカレンダーを見ながら気軽にエコ活動に取り組めるよう「ちよだ環境カレンダー」=写真=を作成し、区役所や出張所、児童館などで配布した。区民一人ひとりが日常生活で環境にやさしい行動に取り組むことで、二酸化炭素(CO2)の排出が少ない低炭素社会の形成につなげる。 環境カレンダーはA4サイズ。区は2008年から毎年作成している。家庭などで簡単に取り組める省エネ活動を「エコアクション」として紹介しているほか、毎月の電気・ガス・水道の使用量がチェックできる「環境家計簿」としても利用できる。また、子供たちが環境について考えるきっかけとなるよう、区立小・中学校の児童・生徒が作成した環境や節電に関するポスターや標語も掲載した。さらに、区内の生きもの調査により確認されたカワセミなどの鳥や植物などを写真やイラストで紹介している。 環境安全部環境・温暖化対策課 TEL:03-5211-4253 【東京都千代田区】提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

このページのトップへ

2014年1月27日

小型家電リサイクル法に基づく再資源化事業計画 10社に認定/環境省

 環境省と経済産業省は、平成26年1月23日、小型家電リサイクル法(使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)に基づき、10事業者の再資源化事業計画について認定を行ったと発表。今回認定を受けた事業者は以下のとおり。 【法第10条第3項の規定による認定】  ○(株)市川環境エンジニアリング(千葉県市川市)   収集区域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、        神奈川県、山梨県、長野県  ○(株)フューチャー・エコロジー(東京都大田区)   収集区域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、        神奈川県、新潟県、山梨県  ○豊富産業(株)(富山県滑川市)   収集区域:新潟県、富山県、石川県、山梨県、長野県、岐阜県  ○リネットジャパン(株)(愛知県大府市)   収集区域:全国  ○(株)アール・ビー・エヌ(兵庫県姫路市)   収集区域:大阪府、兵庫県、鳥取県、岡山県  ○安田金属株式会社(広島県廿日市市)   収集区域:島根県、広島県、山口県  ○(株)シンコー(長崎県大村市)   収集区域:福岡県、佐賀県、長崎県  ○(株)拓琉金属(沖縄県浦添市)   収集区域:沖縄県 【法第11条第1項の規定による変更の認定】  ○(株)リーテム(東京都千代田区)   収集区域:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、        福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、        東京都、神奈川県、新潟県  ○(株)トーエイ(愛知県知多郡)   収集区域:東京都、神奈川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、        愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、        奈良県 【環境省】

このページのトップへ

2014年1月24日

環境省 被災地の地下水質モニタリング調査 放射性物質濃度の測定結果を公表(平成25年10月〜11月分)/環境省

環境省は、平成26年1月23日、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県及び千葉県内の地下水の放射性物質濃度を平成25年10月〜11月にかけて測定した結果を公表した。今回公表したのは、岩手県22地点(採取日:11月6日〜18日)、宮城県24地点(採取日:11月26日〜28日)、福島県182地点(採取日:11月6日〜27日)、茨城県27地点(採取日:11月1日〜29日)、栃木県27地点(採取日:11月18日〜21日)、群馬県21地点(採取日:11月22日〜29日)、千葉県23地点(採取日:10月24日〜11月22日)の放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)及び福島県内19地点のストロンチウム(Sr-89、Sr-90)の測定結果。結果は公表によると、放射性ヨウ素、放射性セシウム及びストロンチウム全て不検出であった。環境省では今後も福島県及びその近隣地域において、県や市町村等の関係機関と調整を行い、継続的に地下水の放射性物質濃度のモニタリング調査を実施するとしている。【環境省】

このページのトップへ

2014年1月22日

国際シンポジウム「自然資本と企業・自治体経営」 2月17日開催/環境省

 環境省は、平成26年2月17日(月)に国際シンポジウム「自然資本と企業・自治体経営」を東京国際交流館国際交流会議場開催する。このシンポジウムでは、「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」をとりまとめたパバン・スクデフ氏を始め、国内外で自然資本に関する取組をリードする専門家を集め、自然資本経営を巡る国内外の最新の動向を紹介し、わが国でその導入を進めるための方策について議論する。先着順で300名の参加者を募集。参加希望者は、オンライン登録フォーム( https://www.simul.co.jp/simul-conf/naturalcapital/registration.cgi )から予め登録することが必要。【環境省】

このページのトップへ

2014年1月20日

3R推進セミナー「地域循環圏から見る市民力と地域パートナーシップ」 2月4日開催/環境省

 環境省は、平成26年2月17日(月)に国際シンポジウム「自然資本と企業・自治体経営」を東京国際交流館国際交流会議場開催する。このシンポジウムでは、「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」をとりまとめたパバン・スクデフ氏を始め、国内外で自然資本に関する取組をリードする専門家を集め、自然資本経営を巡る国内外の最新の動向を紹介し、わが国でその導入を進めるための方策について議論する。先着順で300名の参加者を募集。参加希望者は、オンライン登録フォーム( https://www.simul.co.jp/simul-conf/naturalcapital/registration.cgi )から予め登録することが必要。【環境省】

このページのトップへ

2014年1月17日

「エコマークアワード2013」受賞者の発表について/日本環境協会

エコマークアワードは、エコマーク商品をはじめとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発等により、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に大きく寄与した企業・団体等の優れた取組みを表彰するもの。今回の「エコマークアワード2013」の受賞者に、金賞はコンビ株式会社、銀賞は新日本流通株式会社、パナソニック株式会社AVCネットワークス社、銅賞は株式会社スーパーホテルが選ばれた。また2012年度および2013年度に認定されたエコマーク商品の中から、特に環境性能や先進性、エコフレンドリーデザインなどが優れた商品に送られる「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」には、大栄産業株式会社のダイエー浄化槽FCE型[認定番号:12 151 001]、および株式会社ダイキアクシスのダイキ浄化槽XE型[認定番号:13 151 001]が選ばれた。エコマークアワードの表彰式は2014年2月4日(火)に東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザで開催する「エコマークコミュニケーションフォーラム」にて行なう。【(公財)日本環境協会】

このページのトップへ

2014年1月15日

山梨県 「スマートカンパニー大賞」 優れた省エネ対策を表彰 /山梨県

 山梨県は、省エネ対策に積極的に取り組み、優れた成果を上げた県内の事業者を表彰する「やまなし省エネスマートカンパニー大賞」の受賞者を決定した。大賞には食品製造業のはくばく(富士川町)が選ばれた。同社は、FEMS(工場用エネルギー管理システム)の導入により、電力・エア・蒸気の使用量の“見える化”を図り、機器の空運転、エア漏れ、蒸気漏れなどの無駄の削減に取り組んでいる。工場稼働のシフトに加え、猛暑の中で空調の管理を行うことでピーク電力の抑制を図り、エネルギー消費原単位を前年度より低減させた。そのほか、製造業部門賞はプリント配線板製造の山梨アビオニクス(南アルプス市)、商業・サービス業部門賞は卸売・小売業の山交百貨店(甲府市)、特別賞はインクリサイクル製造のジット(南アルプス市)がそれぞれ受賞した。県は、受賞した4社以外の事業者に対して「やまなし省エネスマートカンパニー認定証」を贈る。同賞は、省エネ対策で優れた成果を上げた事業者を表彰するとともに、その取り組み事例を広く紹介し、県内の省エネ・環境保全対策の一層の促進を図ることを目的に、2013年度からの新規事業として実施した。 エネルギー局エネルギー政策課 TEL:055-223-1503 【山梨県】提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

このページのトップへ

2014年1月10日

「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」3周年記念シンポジウム 1月31日開催/環境省

  環境省は、平成26年1月31日(金)に「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」3周年記念シンポジウムを東京都千代田区丸の内のJPタワーホール&カンファレンスにおいて開催する。このシンポジウムは、エコチル調査の重要性について、広く知ってもらうとともに、子どもの健康と環境について理解を深めることを目的とするもの。参加希望者は、エコチル調査ホームページ( http://www.env.go.jp/chemi/ceh/ )から予め登録することが必要。 ○問い合わせ先  エコチル調査3周年記念シンポジウム事務局  Mail:info@ecochil.go.jp  お問い合わせ受付期間:2014年1月9日(木)〜2014年2月14日(金)  受付時間:土・日・祝日を除く10:00〜18:00 【環境省】

このページのトップへ

2014年1月08日

日本政策投資銀行、英国で丸紅などが運営する洋上風力発電事業に出資して参画/(株)日本政策投資銀行

  日本政策投資銀行(DBJ)は、英国で丸紅とデンマークのエネルギー大手、DONGが共同運営する洋上風力発電事業に出資して参画することを決めた。丸紅、DONGと、事業の持ち分の一部を取得することで基本合意した。DBJは洋上風力発電事業への参加を通して今後、国内外の再生可能エネルギー分野での支援体制構築につなげる。DBJが参画するのは、英国南東部のエセックス州沖合7kmに位置するガンフリート・サンズ洋上風力発電事業で、3.6MW(3600kW)の風車を48基備え、計172MW(17万2000kW)の発電容量がある。2010年春に稼働を始めた。日本企業が初めて出資参画した洋上風力発電となり、開発・操業のノウハウを得るための重要な案件だという。洋上風力発電は、英国を中心に欧州各国で政府の推進政策を背景に急成長し、今後日本でも太陽光発電に続く再生可能エネルギーの柱として導入が検討されている。DBJは日本での拡大を見越し、洋上風力発電分野で先行する英国で丸紅とDONGが手掛けるガンフリート・サンズ事業に参加することで、顧客の取り組みの支援を図る。丸紅は新たにDBJをパートナーにして事業を運営し、洋上風力発電事業の一層の強化を目指す。丸紅は現在、世界で設備容量1994MW(199万4000kW)、出資持ち分換算で815MW(81万5000kW)の再生可能エネルギー発電資産を保有している。電力事業では、それぞれ3万3625MW(3362万5000kW)、1万291MW(1029万1000kW)に及ぶ。【(株)日本政策投資銀行】提供:日経bp環境経営フォーラム(emf)

このページのトップへ

2014年1月07日

「富士山ガイダンス」 2月4日に開催/環境省

  環境省関東地方環境事務所は、平成26年2月4日(火)に「富士山ガイダンス」を東京都新宿区の新宿御苑レクチャールームにおいて開催する。このガイダンスは、富士山登山者に対して事前に登山に関わる情報を提供できる企業等や関連する事業を行っている団体等を対象に行うもので、富士山を安全に登山するために必要な「登山者に提供すべき情報」のほか、世界遺産登録後の現状と課題の紹介も行う。先着順で60名の参加者を募集。参加希望者は、メールの件名を「富士山ガイダンス申込み」として、氏名、団体名、所属部署名、連絡先(電話、メールアドレス)を記載のうえ、1月30日までに申し込むことが必要。 ○問い合わせ先  申込みに関する問い合わせ先  (株)プレック研究所(担当:米塚、池尻)  TEL:03-5226-1178  E-mail:fuji-guidance@prec.co.jp ○富士山ガイダンス全般に関する問い合わせ先  環境省関東地方環境事務所箱根自然環境事務所(担当:家入)  TEL:0460-84-8727  FAX:0460-84-9349 【環境省】

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

ユニフォームをご採用頂いた企業様に、新ユニフォームご採用までの経緯やご苦労された点などを伺いました。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ