TOP > 環境情報メールマガジン > 環境情報メールマガジン(2018年9月)

環境情報メールマガジン(2018年9月)

9月21日
川崎市、廃棄物発電を活用したEVごみ収集車(電池交換型)を実用化 全国初
9月18日
奈良市、「モビリティウィーク&カーフリーデーなら」を実施
9月12日
石川県、省エネ家電へ買い替え促進 温室効果ガス排出量削減へ
9月10日
東芝エネルギーシステムズなど、再エネを利用した世界最大級の水素エネルギーシステムの建設工事を開始
9月6日
奈良市、小学生ダンボールコンポスト体験事業を実施
9月3日
福岡県、食品ロス削減テーマに募集 小中学生制作の啓発ポスター

2018年9月21日

川崎市、廃棄物発電を活用したEVごみ収集車(電池交換型)を実用化 全国初

川崎市は、川崎市は、廃棄物発電を活用した「エネルギー循環型ごみ収集システム」による、EVごみ収集車(電池交換型)を日本で初めて実用化する。 同市は、JFEエンジニアリング株式会社と平成28年3月に協定を締結し、協働で実証を重ね、同社とシステム導入に係る契約を締結した。

「エネルギー循環型ごみ収集システム」は、ごみ焼却施設における廃棄物発電で得られる電気を敷地内の電池ステーションへ送電して電池を充電し、EVごみ収集車に搭載してごみ収集を行う。 電池ステーションで短時間(約3分)に電池交換を行うことができるため、一日の走行距離を確保しながら、効率的なごみ収集作業が可能となる。 走行中・作業中のCO2やNOxの排出がなく、静かな走行性能で、さらに、災害対策拠点や避難所等での非常電源としても活用可能。 導入台数は2台で、平成31年2月より運用開始を予定している。 【川崎市】    

このページのトップへ

2018年9月18日

奈良市、「モビリティウィーク&カーフリーデーなら」を実施

奈良市は、車に頼らない快適で持続可能なまちづくりを考え、イベントを通して、対象の地域内で車を使わない空間を創り体感してもらう「モビリティウィーク&カーフリーデーなら」を奈良県初で実施する。

モビリティウィーク(9月16日〜22日)は車に頼らない、快適で持続可能なまちづくりを考え、行動する週間で、奈良市役所にてパネル展示を実施する。 カーフリーデーの9月22日には、三条通りの一部で交通規制を実施し、車を使わない空間を創る。また、JR奈良駅東口広場にて車を使わなくても楽しめる体験型イベント等を開催。マイカー利用縮減と温室効果ガス削減につなげる。
さらに ブース出展、ウォーキングイベント、自転車イベントなども同時開催する。 【奈良市】    

このページのトップへ

2018年9月12日

石川県、省エネ家電へ買い替え促進 温室効果ガス排出量削減へ

石川県は、家庭の温室効果ガス排出量を減らそうと、省エネ性能の高い家電への買い替えを促すキャンペーンを実施している。12月31日までの期間中に、県内の家電量販店などで対象製品を購入し応募すると、県産品などが当たる抽選に参加できる。

対象は県内在住者。対象製品は、今年7月10日以降に購入した冷蔵庫、エアコン、テレビのうち、統一省エネラベルで4つ星以上の製品と、6〜8畳用以上のLED照明(シーリングライト、ペンダントライト)。対象店は、家電量販店のジョーシン、100満ボルトのほか、県電器商業組合に加盟する電器店など計270店。 所定の応募用紙に必要事項を記入し、購入した製品の保証書のコピーと一緒に県温暖化・里山対策室に郵送、ファクス、Eメールのいずれかで提出する。締め切りは2019年1月15日(当日消印有効)。応募用紙はキャンペーンに協力する家電量販店などで配布しているほか、県ホームページからダウンロードできる。

県は、温室効果ガス排出削減だけでなく、家庭の電気代節約にもつながるとして、省エネ家電への買い替えを呼びかけている。【石川県】      

このページのトップへ

2018年9月10日

東芝エネルギーシステムズなど、再エネを利用した世界最大級の水素エネルギーシステムの建設工事を開始

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、東芝エネルギーシステムズ(株)、東北電力(株)および岩谷産業(株)は、福島県浪江町において、再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる1万kWの水素製造装置を備えた水素エネルギーシステム「福島水素エネルギー研究フィールド(Fukushima Hydrogen Energy Research Field (FH2R))」の建設工事を開始した。

2019年10月までに本システムの建設を完了させ、試運転を開始し、2020年7月までに技術課題の確認・検証を行う実証運用と水素の輸送を開始する。  
本システムで製造された水素は、燃料電池による発電用途、燃料電池車・燃料電池バスなどのモビリティ用途、工場における燃料などに使用される予定。 【東芝エネルギーシステムズ】    

このページのトップへ

2018年9月6日

奈良市、小学生ダンボールコンポスト体験事業を実施

奈良市は、将来にわたり環境への意識を醸成し継続していくために、市立小学校を対象にダンボールコンポストキットを配布し、給食残さ等を減量・堆肥化することでごみ減量の体験学習をさせる「小学生ダンボールコンポスト体験事業」を実施し、未来を担う児童とその家庭へ生ごみの処理に関する啓発を図る。

市内ごみ処理施設への見学など市のごみ処理について学習する小学4年生を対象として、市内全43校、86クラスに配布する。 奈良市では、これまで生ごみ堆肥化容器、電気式生ごみ処理機、ダンボールコンポスト容器の購入補助など、生ごみの減量化をはじめ、ごみの減量やリサイクルに取り組んでいる。 【奈良市】    

このページのトップへ

2018年9月3日

福岡県、食品ロス削減テーマに募集 小中学生制作の啓発ポスター

福岡県は、県内の小中学生を対象に、食品ロス削減をテーマにしたポスターコンテストの応募作品を募集している。児童・生徒の食品ロス削減への理解を深め、食べ物を無駄にしない心を育む。

小学校低学年、高学年、中学生の3部門で募集。食品ロス削減について学んだことや考えたことを絵で分かりやすく伝えるポスターをつくる。用紙サイズは四つ切リ(39cm×54cm)程度で、縦横は自由。作品は絵画のみで、色紙などを貼り付けたものは対象外。1人で複数点を応募できる。 ポスターの裏面に学校名、氏名、学年などを記入した作品貼付票を貼る。作品は学校ごとに取りまとめ、応募者名簿に必要事項を記入し、ポスターと一緒に県循環型社会推進課に郵送か持参で提出する。作品貼付票と応募者名簿は県ホームページからダウンロードする。締め切りは9月21日(必着)。

各部門から金賞、銀賞、銅賞を各1件、佳作を各2件選んで表彰する。金賞、銀賞、銅賞には副賞として図書カードを贈る。受賞作品は、県庁1階ロビーとソラリアパークサイドギャラリー(福岡市中央区)で展示するほか、県ホームページに掲載する。 【福岡県】    

このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ