• ホーム
  • 企業情報
  • メールマガジン
  • プレスリリース
  • 問い合わせ
  • アーシンク

    リサイクルシステム

  • SDGsユニフォーム
  • チクマのCSR方針
  • エコグッズ
  • 活動状況
  • よくある質問
  • プレスリリース
  • 企業情報
  • よくある質問
  • 問い合わせ
アーシンクリサイクルシステム
  • アーシンクリサイクルシステム
  • ユニフォームリサイクルのCSR
  • 広域認定制度
  • セキュリティの管理
戻る
リサイクルの内容
  • リサイクルの内容
  • マテリアルリサイクル
  • マークシステム
戻る
株式会社N・C・Sリサイクル事業について
  • 株式会社N・C・Sリサイクル事業について1
  • 古着リサイクル事業に係る廃棄物処理法条
戻る
SDGsユニフォーム
  • SDGsとは
  • チクマの企業理念と持続可能性の思想と結合
  • 接続可能なサプライズチェーンの構築
  • 接続可能な社会とわが社の取り組み
  • SDGsユニフォームについて
戻る
チクマのCSR方針
  • チクマのサズテナビリティとSDGs
  • CSRガイドライン
  • 株式会社チクマの環境方針
戻る
エコグッズ
  • PETボトル再生グッズ
  • ユニフォーム再生グッズ
  • エコグッズ採用実績
戻る
活動状況
  • 活動報告
  • 表彰履歴
  • 皆様の声
戻る
メールマガジン
  • メールマガジン
  • 新規登録
  • 登録情報の変更
  • 購読停止、登録情報の削除
  • バックナンバー
戻る
ホームメールマガジン 〉バックナンバー
キリンホールディングス、PETボトルの新規薄膜形成技術が「第44回木下賞」を受賞
2020年10月20日

キリンホールディングスのパッケージイノベーション研究所は、環境に配慮したパッケージとして、「ホットワイヤーCVD装置によるPETボトルの新規薄膜形成技術」を開発したことを発表。

この開発成果が評価され、同社は9月14日に、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「第44回木下賞」を研究開発部門にて受賞した。

パッケージイノベーション研究所は包装容器を専門に開発しており、これまで、ビールびん(リターナブル)の軽量化、アルミ缶の“缶ぶた”の縮径化、国内最軽量(2019年3月20日時点)の2リットルPETボトルなど、環境に配慮したさまざまな容器を業界に先駆けて展開してきた。

今回、第44回木下賞を受賞した「PETボトルの新規薄膜形成技術」は、PETボトルに無色透明でリサイクル可能なガスバリア膜を形成し、酸化や劣化を防ぎつつ軽量化を可能にする技術で、省資源化への貢献が期待される。

2月には「キリングループ環境ビジョン 2050」を策定し、その中で「容器包装を持続可能に循環している社会」を目指している。

今後もキリンホールディングスでは、ユーザーの利便性を考慮しながら、省資源化のためにこれらの技術などを活用することで持続可能な容器包装の展開を推進し、社会課題の解決を目指していく、としている。 【キリンホールディングス】


バックナンバーに戻る