TOP > プレスリリース一覧 >

繊維産業流通構造改革推進協議会(繊維ファッションSCM推進協議会)経営トップ合同会議にて当社社長がTAプロジェクト、ユニフォーム分科会の活動報告を致しました。

プレスリリース

2019年11月14日

繊維産業流通構造改革推進協議会(繊維ファッションSCM推進協議会)経営トップ合同会議にて当社社長がTAプロジェクト、ユニフォーム分科会の活動報告を致しました。(令和元年11月14日)

繊維産業流通構造改革推進協議会(繊維ファッションSCM推進協議会)<外部リンク>

1993年の「繊維ビジョン」(今後の繊維産業及びその施策の在り方)の提言に基づき、情報ネットワーク化推進のための業界組織として1994年9月に繊維産業流通構造改革推進協議会(QR推進協議会)が設立。1999年7月に民間団体として再スタートし、2002年6月より繊維ファッションSCM推進協議会(FISPA<FASHION INDUSTRY SCM PROMOTION ASSOCIATION>)という名称に変更し、新たな体制で活動しています。

現在は200以上の企業・団体が加入しており、繊維ファッション産業界の効率的なサプライチェーンを推進し、サプライチェーンと新しいビジネスモデルに必要な業界標準を併せて推し進めていく役割を担い、SCM導入に関わる問題や全体最適を目指したサプライチェーンの推進に向けた活動を展開しています。

発表内容につきましては、下記PDFをご確認下さい。

『SCM推進協議会 経営トップ合同会議 発表内容』(PDF)


このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入実績企業様など、皆様の声をご紹介しております。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ