• ホーム
  • 企業情報
  • メールマガジン
  • プレスリリース
  • 問い合わせ
  • アーシンク

    リサイクルシステム

  • SDGsユニフォーム
  • チクマのCSR方針
  • エコグッズ
  • 活動状況
  • よくある質問
  • プレスリリース
  • 企業情報
  • よくある質問
  • 問い合わせ
アーシンクリサイクルシステム
  • アーシンクリサイクルシステム
  • ユニフォームリサイクルのCSR
  • 広域認定制度
  • セキュリティの管理
戻る
リサイクルの内容
  • リサイクルの内容
  • マテリアルリサイクル
  • マークシステム
戻る
株式会社N・C・Sリサイクル事業について
  • 株式会社N・C・Sリサイクル事業について1
  • 古着リサイクル事業に係る廃棄物処理法条
戻る
SDGsユニフォーム
  • SDGsとは
  • チクマの企業理念と持続可能性の思想と結合
  • 接続可能なサプライズチェーンの構築
  • 接続可能な社会とわが社の取り組み
  • SDGsユニフォームについて
戻る
チクマのCSR方針
  • チクマのサズテナビリティとSDGs
  • CSRガイドライン
  • 株式会社チクマの環境方針
戻る
エコグッズ
  • PETボトル再生グッズ
  • ユニフォーム再生グッズ
  • エコグッズ採用実績
戻る
活動状況
  • 活動報告
  • 表彰履歴
  • 皆様の声
戻る
メールマガジン
  • メールマガジン
  • 新規登録
  • 登録情報の変更
  • 購読停止、登録情報の削除
  • バックナンバー
戻る
ホームメールマガジン 〉バックナンバー
JAL、リチウムバッテリー式電源装置「eGPU」を松山空港に初めて導入
2024年06月06日

日本航空株式会社(JAL)は、多摩川エアロシステムズ株式会社とともに、CO2排出削減や騒音の軽減が期待されるリチウムイオンバッテリー式電源装置(eGPU)を、松山空港においてJALとして初めて導入した。

航空機は、空港に駐機中に必要な電力、空調をディーゼルエンジン式の電源装置(GPU)から供給しているが、eGPUを導入することで、従来比でCO2排出量をゼロに削減し、静音性は約30%軽減(65db以下)できる。

eGPUの配備の拡大においては、ジェット機に使用するために充電設備の設置と交流電源の確保が課題となっていたが、松山空港では除雪車の車載ヒーター用電源の電源プラグを変換することでこの課題を解決。今回の導入となった。今後はこれらの知見を活かして、他の空港への展開も検討していきたいとしている。

バックナンバーに戻る